2011年2月18日 第10回「KKFCやってみよう会」 会合報告

2011年2月18日(金) 大阪駅前第2ビル5階 大阪市総合生涯学習センター メディア研修室

2月の例会は、会場を大阪市総合生涯学習センターに移して開催されました。まずは参加者の自己紹介から。1月例会で会長から次回は一人30秒でもいいので、自己紹介を英語でやりましょうとのお言葉があり、参加者はそれぞれ準備してきたスピーチを披露しました。メモを片手にたどたどしく話す人(私です)や、慣れた感じで話す人さまざまですが、会長のおかげで前向きに取り組むことができ、やってみることができたのでした。このようなきっかけをいただきありがとうございます。

その後は会長が約10分間、スティーブジョブスの暗唱スピーチをなさいました。かなりトレーニングを積まれた迫力のスピーチで、一同皆大感動!!まさに「やってみなわからん、やったことしかのこらん」の生涯チャレンジャーであると自負されている会長が、身を以て私たちに示してくださった成果のスピーチであったと思います。本当に頭が下がります。

その後は毎月月替りの発表「我が人生を語る」です。今回の発表者は、株式会社ルーミンリフォーム 代表取締役 松岡美奈子さんでした。テーマは家族・起業・受け入れることです。最初は流暢な英語で滔々と話され、さすが勉強熱心な美奈子さん。家庭環境について、友人としてそれとなくは聞いていましたが、想像以上に厳しいものでした。どの家庭も何かしら問題を抱えているものですが、本来とくに子どもにとって家庭は安心な場であるはず…。幼いときから私がしっかりしなくては、この家族を守っていかなければと、けなげに思っていたとは、胸がつぶれる思いです。いつもカラカラ元気いっぱいの美奈子さんからは想像もできません。

彼女は大学を卒業してから建築の道を志し、新たに勉強し起業します。起業してからも様々な試練がありました。(彼女は笑ってヘボ社長と言っていましたが…。)若い女の子なのでお客さんからは社長と見てもらえず、便宜上社員の名刺と社長の名刺と二つの名刺を持ち歩いて臨機応変に対応したこともあったそうです。そんな中、もう何もかも放り出して消えたいとまで追い詰められたこともありました。でも逃げず投げ出さず、仕事を続け会社を続けて今があります。

私自身学校を卒業してから堅いところに勤め、仕事に関しては苦労もなくきましたので、20代からそんな経験をしキャリアを積んできた彼女を尊敬します。そして、受け入れることです。いくら男女協働参画社会とはいえ、女性社長にとって子どもを持つということは、仕事に差し支えるハンディーキャップとなりうる面が多々あります。彼女も子どもを持つことに躊躇していたのでした。でも生むぞと決意し無事子どもを授かります。まさに受け入れることです。マイナスの要因でもなんでも、引き受けると覚悟し進むことです。さらに嬉しいことは、子どもさんが生まれたことで実家のご家族との絆を取り戻しました。今、子どもさんがご実家で安心しきって寝ている寝顔と見ると、涙が出るそうです。彼女の少女時代にはなかった安らぎがあるからです。許すこと。受容すること。あきらめないこと。美奈子さんがずっとやってきたことで、ご家族が幸せになられて本当に嬉しく思います。まさにブラボーです!感動のスピーチでした。

最後に会長がおっしゃいました。すべてはまず受け入れることから始まる。99.99%でもだめ、自分のおかれた環境を100%受け入れることが大事。自分の人生を切り拓いていくのは自分でしかない。本当にそのとおりだと思いました。

会長をはじめ、松岡美奈子さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。KKFCの例会は毎回感動し勇気をもらいます。皆様にめぐり合えたご縁に感謝いたします。

茉茉momo

カテゴリー: KKFC会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

  • 2016年の予定

    01/12(火)
    01/26(火)
    02/02(火)
    02/23(火)
    03/08(火)
    03/22(火)

    04/12(火)
    04/26(火)
    05/24(火)
    06/14(火)
    06/28(火)

    07/12(火)
    07/26(火)
    08/09(火)
    08/30(火)
    09/13(火)
    09/27(火)

    10/11(火)
    10/25(火)
    11/08(火)
    11/22(火)
    12/20(火)

    すべて、18:30~20:30
    マジックバー手品家梅田店です!
     
    ☆★ 六甲山全山縦走 ★☆
    2016年12月4日(日)
     
  • 過去ログ