2010年12月17日 第8回「KKFCやってみよう会」 会合報告

12月の例会の前半は、来年度の目標をお互いに発表し合うということからはじまりました。

今回はメンバー全員、さまざまな来年度の目標の発表がありましたが、私も聞いていて「すこし低いかな」というような目標には、木村会長より「もうすこし上を」というリクエストがあり、その場で目標修正となっていました。

木村会長の指摘内容や目標修正へのアドバイスですが、横で聞いていて、とても的確で、違和感なく、それほど無理ではない目標をリクエストされるものだなぁと感心していました。

そういえば誰かが木村会長のことを「目標作成の達人」とおっしゃっていましたが、ほんとうにそうだと思いました。

木村会長ご自身の目標作成もすごく的確だったから、これまでの経営人生でもきちんと結果を出せてきたのでは・・って思いました。

12月からの例会の後半では、毎月月替わりで、KKFC参加メンバーの中で、特にドラマティックな人生を送った方にお願いし、「我が人生を語る」というテーマで語って頂くことになりました。

そして記念すべき第1回目は、和歌山と大連に飲食店を経営する株式会社中心屋の斎藤社長が講師となり、語って頂くことになりました。

斎藤社長の発表は、すてきなDVDの映像が上映されることから始まりました。

10分ほどの短い時間でしたが、映像にはとても熱い思いがこめられ、とても凝縮された内容でした。

また、斎藤社長の温かくて優しい人柄を彷彿させるように、コブクロや小田和正のBGMがぴったり合っていて、DVDを通してとてもさわやかな印象的を受けました。

そして映像が終わり、感動の余韻が醒めないうちに斉藤社長の発表が始まりました。

斎藤社長は、少年時代から現在にいたるまでの半生を飾らずありのままに語り続けました。

そして、語る途中で思わず感極まって言葉に詰まる部分もあり、聴いていた私も心に熱いものが込み上げてきました。

齊藤社長の人生は決して平坦な道ではなく、山あり谷ありでたくさんの人生の壁を乗り越えられてきたことが、短い時間でしたが、充分理解することが出来ました。

そして生きてゆくために、そして家族の生活を守るために、さらにお客様に喜んでいただくため、そして社員さんにやりがいを持って働いてもらうために、常に誠実で真摯でひたむきに一生懸命に生きてこられたことに感動するばかりでした。

そのような生き方をされた齊藤社長の「空腹を満たす店よりも心を満たす店でありたい」という想いから生まれた経営理念は、まぎれもなく真実の言葉なんだと感じました。

しっかりした経営理念のもとに不況と言われている現在も今後も、ずっと「中心屋」は齊藤社長を中心にしっかり信頼関係が結ばれたビジネスパートナーや社員さんとともに発展されていくのだろう、と明るい未来を感じさせる、素晴らしい内容のお話でした。

カテゴリー: KKFC会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

  • 2016年の予定

    01/12(火)
    01/26(火)
    02/02(火)
    02/23(火)
    03/08(火)
    03/22(火)

    04/12(火)
    04/26(火)
    05/24(火)
    06/14(火)
    06/28(火)

    07/12(火)
    07/26(火)
    08/09(火)
    08/30(火)
    09/13(火)
    09/27(火)

    10/11(火)
    10/25(火)
    11/08(火)
    11/22(火)
    12/20(火)

    すべて、18:30~20:30
    マジックバー手品家梅田店です!
     
    ☆★ 六甲山全山縦走 ★☆
    2016年12月4日(日)
     
  • 過去ログ