2011年10月28日 第18回「KKFCやってみよう会」 会合報告

10月28日(金)大阪駅前第2ビル6階 大阪市総合生涯学習センター 第2研修室 
午後6時より午後8時まで



今月の格言 in English You see, in life, lots of people know what to do, but few people actually do what they know. Knowing is not enough. You must take action. (わかるだろう? 多くの人は人生において何をすべきか知っている。 でも幾人かは知っているだけだ。  行動しなければ意味がないのに。)

はじめまして! KKFC新参者の上村陽平と申します。 今回のレポートは私が執らせていただきます。 KKFCに参加するのは2回目ですが、そんな私にもどんどんコミットさせてくれるのは光栄なことで、そんなフレンドリーな雰囲気もKKFCの魅力です!



本日は皆さん、自己紹介をするところから始まりました。 そして今日の“我が人生を語る”は、ブラッシュアーティストの鎌田惺舟さんです。 まずブラッシュアートとは何かというと、書道を基本に置きつつも多彩な色使いや書体を用いて「文字をアートにする」というもので、和の伝統文化に独自のセンスを盛り込んだ芸術作品です。 その一方、鎌田さんはプレゼン前半を英語で行われるという非常にグローバルな面もお持ちでもあります。 始まる前に期待が膨らむ中、鎌田さんが語り始められます。


鎌田惺舟(本名:ますみ)さんは大阪に生まれました。両親が音楽やアートに造詣が深く、それが現在にも大きく影響を与えておられるそうです。幼少のころは近くの寺で書道を習われおり、英語ともそのころから触れ合うことが多かったそうです。特に音楽は高校生の時にのめりこみ、シンガーソングライターとしてライブハウスで歌うまでになりました。


高校卒業後は銀行に勤められ、6年間働いた後に寿退社されます。 しかしその後離婚されます。しかし「離婚したおかげで今こうしてブラッシュアートを仕事にして生きられている」と語られました。 その後、昼は女性のための起業相談員やデイリーワーカーとして働く一方、夜に起業のための経験を積まれ起業に向けて着々と準備をされていました。 しかしその時点では何の分野で事業を興すかを迷っていたそうです。


しかしブラッシュアートをすると決めるきっかけは思わぬ形で訪れます。

外国人のバンド仲間が故郷に帰ることとなり、別れを惜しんだ鎌田さんは得意の書道を生かし、仲間の名前を漢字で書いてあげたところ大喜びされ、他の仲間からも書いてくれと頼まれたそうです。 そこで「自分の書道は人に感動を与えられるのだ」と気づいたそうです。


それが転機となり、仏教大学の書の先生に師事することを決意、そこでさらなるスキルアップをはかります。 そこで学んだことのひとつに「漢字は感示だ」という考え方です。 「伝え方次第でおなじ漢字でも受け手の感じ方が変わる。ならば書き方はもちろん色や書体ももっと自由にあるべきだ」と鎌田さんは考え、それが今日のブラッシュアートに繋がっていると仰っていました。



そして話は将来についてのことにシフトしていきます。 これからはどんどんインカムを増やすことを目標とされるとのことで、達成したい具体的目標も6つ決まっているそうです。 筆で行うアートについての本を出すこと 津軽三味線と書道パフォーマンスを軸としたイベントを企画し、ブラッシュアートを知る入り口にすること 有名企業のロゴ等の作成 クッションやベッドカバーに自分の作品を載せ、漢字の美しさをひろめること。 セレモニーグッズのネット販売 JAPANテイストインテリアを広めること


以上をビジョンとして挙げられていました。


このような内容でプレゼンは終了します。 ですがみなさんにとって興味深く、かつ未知な部分が多かったためか、 「集中できて抗鬱の手段にはならないか?」 「英語でプレゼンできるほどの英語力はどこで身に付けたのか?」 などなど、様々な質問や感想がどんどん述べられる活発な質疑応答となりました。


そして今回の会長のお話。 重要なところが省略が難しいほど濃いお話をしていただいたので、要点をまとめて記していきます。

・目標があって初めて動ける 何かをするにあたって目標は非常に大事です。全員とは言いませんが、特に私のような者には終わりが見えないレースに臨もうとすら思いません。目標、ゴールを作って初めて「あそこまで行けばいいんだ!」とモチベーションを下げずに望むことができます。 また目標を定める意義はそれ以外にももう一つ、とても大きな理由があります。いくつも目標を定めると、それらが繋がり、やがてビジョンとなっていきます。そしてそのビジョンに惹かれて、周りに素晴らしい仲間が現れるのです。 目標とビジョンの定義がごちゃまぜになっていた私には目から鱗でした。

・決意するのに頭はいらん 目標を定めても、冒頭の英文のように実行しなければ意味がありません。 やろうと決めたのに、決意が揺らいでいるうちに結局しなかったということが私にはあります。 会長がおっしゃるには、「やらない人は頭で考えて怖がる。腹を決めればいいだけなのに頭で怖がっている。腹は考えることができないのに。」

・インカムは複数持て ひとつの収入に頼るとその善し悪しに恐々としてしまいます。 複数あればリスクヘッジとなり、それが安定となります。

・信者と書いて儲けると読む 会長は「経営者とは自身の夢を叶える人だ」とおっしゃっていました。 そして自分一人では大きな夢を叶えられません。 自分の志に共鳴してくれる人=ファン=信者が必要です。そういう人がいれば夢はすぐに叶えられます。経営に当てはめるなら、「信者がいてこそ儲かる」ということだと気づきました。

上記以外にも詳しく書けばきりがないくらい、色々なお話をしていただきました。



KKFCやってみよう会において、今回も非常に多くの学びをいただくことができました。 記した内容には私見も多く含みますが、以上を今回のレポートとさせていただきます。
閲覧いただきありがとうございました。



レポート:上村陽平

カテゴリー: KKFC会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

  • 2016年の予定

    01/12(火)
    01/26(火)
    02/02(火)
    02/23(火)
    03/08(火)
    03/22(火)

    04/12(火)
    04/26(火)
    05/24(火)
    06/14(火)
    06/28(火)

    07/12(火)
    07/26(火)
    08/09(火)
    08/30(火)
    09/13(火)
    09/27(火)

    10/11(火)
    10/25(火)
    11/08(火)
    11/22(火)
    12/20(火)

    すべて、18:30~20:30
    マジックバー手品家梅田店です!
     
    ☆★ 六甲山全山縦走 ★☆
    2016年12月4日(日)
     
  • 過去ログ