2016年2月23日 第81回木村塾やってみよう会 会合報告

2016年2月23日木村塾やってみよう会、「我が人生を語る」は、朝日 里佳さん。
さすがプロの司会業をされているだけあって、終始聴きやすい話し方で、何よりも声がいい。

写真2

 

1975年に大阪摂津市の生まれ、3人兄弟の末っ子で育った。
10歳の頃に両親が離婚、父親と暮らす様になり状況が一変。
学校から帰ると、家事に追われ台所に立つ毎日。
それと父親からの虐待の日々。
殴られ血まみれになることも。
今の笑顔が素敵な彼女からは想像がつかない、壮絶な体験。
唯一の気晴らしが、ラジカセで音楽を聴きながら歌うこと。
はやく家を出て自分で生活することを考えていた。
高校卒業時期に、父が怪我の原因で入院生活となる。

 
そこからは専門学校に通う傍ら家を出たいがために貯金をしたいとホステスの仕事に就く。
同時に歌手のスカウトをされたがお金を取られ騙される事件もあった。
父は怪我から退院したにも関わらず仕事をしなくなりお酒の飲み過ぎが原因で病に侵され7回入退院を繰り返し、20歳の時の入院で危篤と診断された。偶然にも兄弟家族が全員揃ってからすぐに他界したそうです。
それがきっかけで家を出る事が出来て専門学校を中退し、引き続きホステス業で生計を立てる。

 
父親からの長年にわたる虐待で、心の中に引きずっている怒り。
22歳の時に参加した日創研の研修で、心の中が大きく変わる。
自分と向き合う研修の中で、亡くなった父親との対話で許せる心が芽生える。
その後も研修を受けながら、怒りや確執が消える。
今は感謝しか無いそうです。
ホステス業はやりたい仕事ではなかったため、身も心も納得がいくようにと、別を探し新幹線の車内販売の仕事をしながら、生計を立て司会者になることを志す。下積みで学びながら、3年後の27歳の時に司会者デビューを果す。

写真1

2006年に創業、2013年に法人を設立。
事業はブライダル、イベントの司会、講師、テレビ番組での司会、インターネットラジオ番組のパーソナリティー、イベントプロデュースをされています。

2014年に、著書「社長! そのスピーチ・話し方は信頼感を落とします。」を日本実業出版社から出版。
有名著者の本をおさえて、紀伊国屋梅田書店でビジネス書売上ランキング2位になったことがある。

小学6年の頃に思ったこと。「この人生では終わらない。絶対に幸せになってやる!」
大人になって振り返ると、自分で意思決定をしながら生きてきた。
自分でやってみて、「やればできた。」
そこで生まれた座右の銘が「やればできる!!」です。
木村会長に指導も頂き、これからの目標とビジョンを発表されました。
虐待を受けて施設で暮らしている子供たちが、18歳になると施設を出なければいけない。
その後、行き場を無くし犯罪にはしる子供達もいる現状を知る。
彼ら彼女らを受け入れられるのがあまりにも少なく、能力も未来もある彼ら彼女らが救われない現状。
彼ら彼女らに教育をし能力を高め、企業に橋渡しをするNPOを立ち上げたい。
虐待を受けたご自身の体験もあり、そんな熱い思いのこもったビジョンを語ってくれました。
朝日 里佳さん、ありがとうございました。
(レポート/文野 光華)

写真3

カテゴリー: KKFC会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

  • 2016年の予定

    01/12(火)
    01/26(火)
    02/02(火)
    02/23(火)
    03/08(火)
    03/22(火)

    04/12(火)
    04/26(火)
    05/24(火)
    06/14(火)
    06/28(火)

    07/12(火)
    07/26(火)
    08/09(火)
    08/30(火)
    09/13(火)
    09/27(火)

    10/11(火)
    10/25(火)
    11/08(火)
    11/22(火)
    12/20(火)

    すべて、18:30~20:30
    マジックバー手品家梅田店です!
     
    ☆★ 六甲山全山縦走 ★☆
    2016年12月4日(日)
     
  • 過去ログ