2016年1月26日 第79回木村塾やってみよう会 会合報告

中筋 能資さん『まともに生きること』
@木村塾やってみよう会「我が人生を語る」(2016年1月26日)

写真1
中筋さんは昭和37年8月、兵庫県高砂市に生まれた。
父親はサラリーマン、母親も働いていたが、不自由もないが、裕福な家庭ではなかった。
父も母も家庭やお金の事情で大学に行けなかったこともあり、向上心の高い親が自分に求める基準は高かったことを記憶している。
小学校は八尾にある公立の小学校から、小学3年生の頃に茨木市の小学校へと転校し、その後は中学受験を目指した。
しかし、関西学院大学附属の中学校への試験は不幸にも不合格、茨木市にある中学校に行くことになった。
けんか、いじめ、様々な苦痛も受ける中で気づいたことは、「なんとしてでも勝ったらいい」ということ。
身体は小さいから武器を持っていたりと、どんどん自分が悪くなっていった。
高校入試でも受験に失敗し、北陽高校へと入学することとなった。
カツアゲやいじめなど、中学の頃同様に大変な思いをした。
そういった学生生活を過ごしていく中で、「金」と「女性」のことしか考えていなかった。
振り返ってみれば、決してまともではなかった。

写真2
会社に勤めては条件の良いところへ、転職し、20歳で女性と結婚しては24歳で新しい女性との交際によって別れる。
30歳のときに結婚した女性の資産家の親が自分にアメリカへの留学の機会をくれたが、長続きはせず、1年でわかれた、その間から10年付き合った女性とも別れることとなった。
しかしビジネスでは、アメリカのブランド品を日本の卸売への輸出し、けっこう、裕福な暮らしをしていた。
その後、35歳になって日本へ帰国。
夜中のアルバイトやガス工場などをしていく中で、やはり就職するべきだとは思ったが、リーマンショックでどの会社も自分に働く機会を与えてはくれなかった。
やっとの思い入った会社は、今で言うブラック企業だった。
5年間その会社で働く中で、アメリカの頃に一緒にいた女性に子どもができたこと、宗教との出会いなど、様々な小さな転機があり、42歳で野菜販売の商社へと転勤した。
その後、幸いにも大手の会社に引っ張ってもらうことができ、多い時では月60万円の給料をもらうなど、ご自身いわく、また鼻高々な傲慢な性格になった。

写真3
そうして46歳の時、自身が代表取締役を務める「株式会社ふぁいんふぁいん」を設立。
1期から3年間、赤字続きではあったが、4年目でやっと黒字にすることができた。
恩人の斎藤さんとの出会い、日本創造研究所で学んだ、子どもの自社へ入社もあり、様々な転機はあったが、前期、大きな責任の中で「人生終わった」と思えるほどの大赤字をたたいてしまった。
しかしここで自分の人生を大きく好転させてくれる出会いがあった。木村会長との出会いである。会長の生い立ちをyou tubeで観て、実際に木村会長の塾に行き、木村会長の凄さに衝撃を受けた。
「学び続けること」
「謙虚に生きること」
経営と共に人としての人徳や在り方を見つめなおしながら、まともに生きていこうと決心した。
まともに生きることを決めた今、多くの人が支えてくれていたこと、今も支えられていることに気が付くようになった。
恩人の斎藤さんをはじめとして、自分を見捨てないでいてくれる人、与えてくれる人はいる。
仕事も回ってくるようになった。
現在53歳、会社は8期目。
これからのビジョンは『12年後、会社が20期のときに資本金を5,000万円』にすること。
ビジネスにおいて成功するとともに、人としての成長に向けて努力をしている。
「これが達成できたら想像以上の人生になっている」という木村会長の期待のもと、これからの中筋さんのご活躍に期待です^^
人間臭く、しかし親密感の持てるプレゼンテーション、ありがとうございました!

書記
酒井 友登

カテゴリー: KKFC会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

  • 2016年の予定

    01/12(火)
    01/26(火)
    02/02(火)
    02/23(火)
    03/08(火)
    03/22(火)

    04/12(火)
    04/26(火)
    05/24(火)
    06/14(火)
    06/28(火)

    07/12(火)
    07/26(火)
    08/09(火)
    08/30(火)
    09/13(火)
    09/27(火)

    10/11(火)
    10/25(火)
    11/08(火)
    11/22(火)
    12/20(火)

    すべて、18:30~20:30
    マジックバー手品家梅田店です!
     
    ☆★ 六甲山全山縦走 ★☆
    2016年12月4日(日)
     
  • 過去ログ