2014年8月 第51回「KKFCやってみよう会」 会合報告

【自己紹介】

奈良市学園前のグループ企業「大倭殖産株式会社」にて、建築不動産を担当しております、竹内です。
どうぞよろしくお願い致します。

image

現在、大きな組織の管理者という立場となっておりますが、組織人としての内部改革というものは、起業家のそれと共通するものがあるのではないかと考えております。

それを含めまして、これまでの人生を大きな出会いとなる方をご紹介していくとともに、お話させて頂きます。

自分年表を作って参りましたので、そちらを元にお話させて頂きます。

(見やすい自分年表とともに、会社改革と今後の目標の書かれた資料をもとに、お話が始まる。)

【S29年〜】

私、今年で60歳となりますが、これまで数々の出会いと出来事がありました。その出会いがあってこそ、今の自分があります。

まず家族構成ですが、病院関係の国家公務員である父、母、兄、姉の3兄弟の末っ子として、兵庫県三田市に生まれました。
兄は秀才で竹内家の星、逆に私は高校受験で一浪、大学受験で一浪という期待されていない青少年時代を過ごしました。
親が転勤族のため、8度の転居、5度の転校をしましたが、すぐにどこへでもとけ込みやすい性格の為、あまり苦になることはありませんでした。

無事に高校大学と行かせて頂き、親に感謝をしております。

【S54年〜】

その後、株式会社ニチイに就職して、10年ほど働きました。それと同時に、兄が枚方にて、歯科医院を開業しました。
この間で、京都河原町、横浜西口、心斎橋の3店舗を経験しました。9:00〜21:00勤務で休みも少なく、忙しい毎日を過ごしておりました。

京都河原町の職場にて、大きな出会いがあります。

直属の上司である、【井上 寛幸】氏との出会いです。彼からは、仕事の基礎、イロハを教えて頂きました。

もう一つ、大きな出会いがありました。
現在の妻、【真弓】との出会いです。5〜6年後に結婚することになるのですが、仕事で壁にぶち当たったとき、大きな支えとなってくれました。

就職7年目、父親が胃がんのため他界しました。これにより、親の住む大阪に転勤希望を出しました。
2年後に転勤ができ、結婚もできましたが、再び福岡へと転勤命令が出たため、翌年、会社を退職しました。

 image2

【H1年〜】

縁があり、父親のお世話になっていた、現職場である【大倭殖産】に転職しました。

昭和63年、グループ開業となり、福祉事業は大きくなっていきました。
この年、社長である
【柴地 則之】氏との出会いも大きいものでした。
職場でも人間関係は良好でとけ込んでました。

しかし、社長が病気のため急逝されました。
この際、会社では金融機関のやり取りができるものがおらず、大変困りました。

この時にお会いした【平谷 吉高】氏にマンツーマンで金融のことを教わり、なんとか乗り切ることができました。今では恩人の一人です。

【H6年〜】

40歳の年、大きな出来事がありました。兄の歯科医が破産して、兄の家庭が崩壊してしまいました。初の挫折となります。

高校生のお子さん二人が兄のもとに残り、奥さんは出ていかれてしまい、住む場所もなく困っていたため、兄とお子さん2人を迎え入れ、母と兄、子2人とで共同生活を始めました。
生活は苦しい日々でしたが、兄の家庭のことは、あまり深刻に考えなかったので、子どもを無事に社会に送り出し、乗り切ることができました。

その翌年、病気で母が他界しました。痛がる様子を見ていて辛かったので、楽になれたことは不幸中の幸いに思いました。

資金くくりが大変で、身体的にも精神的にも疲れておりました。

【H15年〜】

脳梗塞で倒れました。今は回復しておりますが、その時は大変で、しばらく手を動かすのもままならない状態でした。2度目の挫折となります。幸い軽症で今では後遺症は全くありません。

この脳梗塞を機に、考えました。
今まで、自分自身のひとりよがりで生きていて、会社にしても「俺が会社をまとめている」と思って仕事をしてしまっていました。

しかし、病気をして何もできなくなった自分に気づくと、
自分からやろうとせず、やらされている感でやっていた自分に気づきました。

それからこのままではダメだと思い、
【もっとポジティブに生きねば!】
と思うようになりました。

翌年、【菅 寿雄】氏との出会いから、教育セミナーにお誘い頂いたりしたおかげで、今の自分に大いにプラスになりました。

脳梗塞の原因は、肥満であると気づき、そこから山登りを始めました。これも菅氏がきっかけで教えて頂き、生活面での恩人となりました。

ポジティブな気持ちを心がけ、パワーアップセミナーや話をうまくするセミナーなど、多くのことに参加しました。

 image1

【H16年〜】

ここから、会社の内部改革に取り組んでいきます。

一つは、品質マネジメントシステムと環境マネジメントシステムの導入です。
11年前からやり続け、目標をもって実施して研修して見直しをする。そうしたもののマニュアルを作ることで、大きな会社の内面的改革となりました。

2つ目は、東京支店および非効率部門の廃止、縮小です。
こちらは、東京支店の店長を説得して、多くの反対を受けながらもなんとか実現することができました。

3つ目は、人事制度、給与体系の見直しです。
年齢は高いがあまり仕事はしない、それなのに高給というのに反し、若いがとても仕事はよくする、しかし安給という現実はおかしいと思い、改善を行いました。

4つ目は、金融機関の条件変更と金融機関先の見直しです。
こちらが一番大変でした。メガバンクを地方銀行に移し替えるということは大変大きなことでした。しかし、これを実現できたおかげで今があります。

【H26年〜】

今後の目標は、
①10年後に会社を自己資本比率50%に回復させます。同時に会社の後継者の育成、発掘を行います。

②80歳までは健康でいます。朝5時起床、朝の運動はかかせず毎日継続していきます。

③登山を続け、日本百名山50山を達成します。

④奈良まほろば検定ソムリエを取得して、50回ガイドを行います。奈良に住んで、35年。最後は奈良に骨をうずめたいと思っておりますので、それまでに必ず成し遂げます。

 

【まとめ】

 私の人生、

10代の学生の時は、情けないものでした。

20代のときは、がむしゃらに走った時期でした。

30代〜40代は、激動の年で、しんどい時期でした。

50代〜は、充実期、成長期となりました。

これは、今後も続けていく予定です。

色んな人に出逢えて、私は今、幸せです。
ありがとうございました。

 image3

【編集後記】

終止、優しい穏やかな口調で話される竹内さんのお話は、
波瀾万丈でありながら、そこをポジティブに変えて生きてきた強い想いと優しさが溢れ、とても感動致しました。

感想では、多くの方が、会社の内部改革と、兄のお子さんを引き受けることの素晴らしさを挙げておりました。

六甲山の山登りでも、あきらめずに登る姿勢に心を打たれた方も多い様子で、竹内さんの心の強さと優しさが伺えました。

素晴らしい出会いと経験のお話、為になりました。
竹内さん、ありがとうございました。

image4

レポート:野末 隼

カテゴリー: KKFC会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

  • 2016年の予定

    01/12(火)
    01/26(火)
    02/02(火)
    02/23(火)
    03/08(火)
    03/22(火)

    04/12(火)
    04/26(火)
    05/24(火)
    06/14(火)
    06/28(火)

    07/12(火)
    07/26(火)
    08/09(火)
    08/30(火)
    09/13(火)
    09/27(火)

    10/11(火)
    10/25(火)
    11/08(火)
    11/22(火)
    12/20(火)

    すべて、18:30~20:30
    マジックバー手品家梅田店です!
     
    ☆★ 六甲山全山縦走 ★☆
    2016年12月4日(日)
     
  • 過去ログ